2012年07月25日

ダウンロードページ

=======================================================

§ 利用規約

・利用規約及び規約に関わる内容に同意できないユーザーは本ソフトウェアを使用することができません。

・ユーザーは禁止事項に反しない範囲で、本ソフトウェアを利用することができます。

・利用規約、禁止事項等は予告なく変更されることがあります。
・利用規約、禁止事項等は特に断りがない限り、最新の内容が過去のすべてのバージョンに適用されます。

・日本語の理解は必須ではありませんが、原文の利用規約等(日本語表記)と完全に一致した
 内容を確認できないユーザーは本ソフトウェアを使用することができません。


§ 禁止事項

・配布パッケージの改変
・配布パッケージ及びパッケージ内データの配布・再配布(※1)
・配布パッケージ及びパッケージ内データの売買
・ソフトウェアの不正な改変及びその利用(※2)
・ソフトウェアの再利用(※3)
・ソフトウェアの商用利用(※4)
・事業者によるソフトウェアの利用(※1,5)
・ソフトウェアのリバースエンジニアリング及び不正な解析行為
・リバースエンジニアリング及び不正な解析行為等で得た情報の公開、取得
・公序良俗に反する利用行為
・社会的に問題があるとみなされる利用行為


※1 特別に許可を得た場合は除きます。

※2 ソフトウェアはパッケージに含まれる実行ファイル及びその実行に必要となる全てのデータファイルを対象とします。SlimDXなど一般に公開されているものは除きます。ソフトウェア上での編集対象となるモデルデータなども対象ではありません。

※3 パッケージに含まれるソフトウェア(アセンブリなど)を別のソフトウェアに(許可なく)利用すること。ユーザーが作成したプラグインは本ソフトウェア上で動作するものなので対象ではありません。ユーザープラグインについては、各プラグイン製作者の定めた規約に従ってください。SlimDXなど一般に公開されているものは除きます。

※4 ソフトウェアの利用により作成されたデータの売買なども広義においては商用利用と見なされます。ただし事業行為とは認められない程度の個人レベルでの取り扱いに関しては関知しません。当然ながらこの例外には事業者は含まれません。なお、個人を対象とした商用利用の許諾は一切行いません。

※5 主たる事業目的においての継続的な利用、というのが主な判断基準となります。

※ 禁止事項に書かれていなくても著作権等法的に守られているものはそちらに優先されます。


§ 免責

ソフトウェアの使用及び使用に関わる行為、ならびにソフトウェアにより作成されたデータ類の利用及び利用に関わるすべての行為において発生したあらゆる損失、損害、問題等について一切の責任を負いません。

=======================================================


以上の規約に同意できる方のみご利用ください(重要)

※規約上の許諾は、それぞれのツール(PMXエディタ/PMDエディタ)で別々の扱いになります。特に過去PMDエディタで許諾等を受けた方はご注意ください。




■PMXエディタ 0.2.5.2
PmxEditor_0252.zip
※ファイルへの直リン禁止!

※PMXエディタの簡単な機能紹介はこちらへ

○対象環境
Windows XP以降(32bit/64bit)
シェーダモデル3.0以上のグラフィック機能

○対応モデル形式
PMX2.1
PMD(※)
X(※)
OBJ(※)

※インポート/エクスポート対応

PMXエディタが起動できないなど、各種問題についてはこちらへどうぞ
トラブルシューティングなど




※PMXエディタの利用ができない方向け
■PMDエディタ 0.1.3.9
PMDEditor_0139.zip
※ファイルへの直リン禁止!

○対象環境
Windows XP/Vista/7 (32bit及び64bit)
シェーダモデル2.0以上のグラフィック機能(推奨)

○対応モデル形式
PMX2.0 (2.1は非対応)
PMD
X(※)
OBJ(※)

※インポート/エクスポート対応
posted by - at 00:03| ダウンロード | 更新情報をチェックする