2015年07月31日

0231

■更新内容

・x86(32bit)及びx64(64bit)環境への個別対応(アプリケーション構造の改定)
・32bit版/64bit版 同一パッケージ化
・プラグイン/データフォルダの外部参照仕様
・VMDView配置変更(PMXエディタ内からの呼び出しのみ)
・デバイス管理の共有化(メモリ使用量の低減)
・マウス/キーイベント処理の対応(PmxViewのみ/Cプラグイン)
・UIモデル描画及び関連イベント機能の新設/プラグイン機能実装(Cプラグイン)
・メモリ管理(Bitmap)テクスチャ制御仕様(UIモデル/関連プラグインのみ)
・View/System関連処理(Cプラグイン)
・選択機能無効化(PmxViewのみ)
・画像ボード追加/簡易ものさしプラグイン(UIモデル仕様)

以上


お久しぶりの更新です。久しぶりすぎて前回がいつだったのか全く思い出せませんが...まあいいでしょう。

基本的な編集関係の機能については別段変化ありませんが、全体的にファイル構造などが変わっているので、バージョンアップ時にそのまま上書きなどしないようご注意ください。


●32bit版と64bit版

PMXエディタを作り始めた頃の VisualStudioExpress(VS) では混在作成などは非常に面倒でしたが、昨今の VSならそれほど大変でもないので、両対応になりました。

同一パッケージ化も発想を変えたら案外簡単にできてしまったので、そのまま採用しています(ファイルサイズを見てはいけない)

32bit版と64bit版の違いについては、

32bit版は起動が速い/メモリの使用量は最大で 2Gまで/物理演算が遅いかも/なんか細かい不具合があるかも

といった程度です。ぶっちゃけ起動時間の問題から、64bit版(従来仕様)を使うことはほとんどなくなったかもしれませんね。

※起動時間のほとんどはForm部品(システム側で用意されているUI)の初期化処理なんですが、64bit版だとほぼ倍の時間がかかります(酷い仕様だ)

※これ以上の起動時間の改善もできないことはありませんが、特にPMDエディタ時代から引き継いだプラグインの仕様により根本的な改善は難しいという感じです(バッサリ切り捨ててもいいなら...)

●メモリ使用量の低減

でかいテクスチャファイルを多用するモデルではそこそこ違いが出るかもしれませんが、通常の運用では大して差はないかと思います。

ちなみに 32bit版は常用でも 1〜2割程度?メモリ使用量が少ないようです。ただし 2Gの壁にはご注意ください。

●VMDView

お亡くなりになりました...まあ正確には PMXエディタ内部からの呼び出しのみになったわけですが。

正直内部更新の度に一々テストとかしてられないので仕方ないですね(物理演算の確認は TransformViewで十分)

●プラグイン機能の拡充

イベントとかシステム関係とか UIモデルとか色々機能は増えてますが、このご時勢、わざわざ使いこなそうと思う方がいるのかな?という疑問は尽きません。

あと基本的に Cプラグイン(PMXエディタ専用のプラグイン)の拡充なので、未だに「PMDエディタでも動くプラグインじゃなきゃダメ」派には全くもって興味のない更新内容かもしれません。

●UIモデル

個人的な趣味と実験を目的とした新しい機構とプラグイン機能セットです。

「何ができるのか?」 と問われれば 「発想次第でなんでもできるよ」 と答えるぐらいのものではありますが、まあこれもそこまで力を入れて使われるのは難しいのではないかと思わなくもありません(基本的に最低限の機能セットしか用意されていませんので)

簡単な利用例については、新たに追加された「画像ボード追加」「簡易ものさし」の両システムプラグインを使ってみるとよいかと思います。

※終わりのない不具合修正に疲れたので一旦公開しておきます。イベント関係は色々不備もありますが、致命的なもの以外は仕様という名の...


といったあたり今回の更新でした。

今回といっても次回がまたどうなるかは全く不明ですけどね(これが最後かもしれませんし数年後かもしれませんし明日かもしれません)

※ブログは かんこれまみれ になって久しいですが、といって他のことを何もやっていないわけではなかったりも(エディタの改修もちまちまと)。まあ かんこれも既に演習ぐらいしかやってませんけどね(一日30分程度)

以上






...そういえば Win10については特に確認してませんが、MSが変なことしてなければ問題になることはないかと思います(インターフェイスなどの見た目部分は諦める)

というか当然ながら Win7以外では起動チェックしてませんので 対象環境:Windows XP以降(32bit/64bit) というのも本当かどうかは不明です。色々やってダメなら諦めましょう。

posted by - at 21:36| PMX | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

立体続き

アンケートへのご協力ありがとうございました。

以下、アンケートのコメントからいくつかの疑問点や要望などをまとめてあります。

今後の対応ですが、ニコニ立体運営がこの質問事項に対して誠実な回答を行い、全てのユーザーに提示することをもって、ニコニ立体での PMXの利用許諾とすることとします。

なお提示場所については自由にして頂いて構いませんが、提示内容は PMXを利用される限りは誰でもいつでも確認できるようにしてください。

※検討中/前向きに善処します/対応を予定しています/行いたいと思っております/できるだけ早めに、などの曖昧な回答は不要です(ゆえに回答には選択方式を取り入れています)。「行う(Yes)」か「行わない(No)」かを明確に、また行う場合はその期限を、行わない場合はその理由をお答えください。項目内には実際に検討中のものもあるかと思われますが、全ての項目に対しての対応を決定してから提示を行ってください。

ユーザーのみなさんはこれらの回答内容やその後の対応状況などを見て、実際のサービスの利用について判断して頂ければと思います。


========================================
■ニコニ立体への質問事項

1. 現在のニコニ立体は視点操作など MMDとは異なる操作系になっています。MMDと同様の操作方法を選択できるような機能を追加実装されますか?

・実装する(期限:一ヶ月以内/三ヶ月以内/半年以内/一年以内/それ以上)
・実装しない(実装しない理由を述べてください)


2. PMX(現状はPMD)の動作互換性(物理演算、IK変形など)について問題があるようです。今後の改善で MMDと同程度の互換性を保証できますか?

・保証できる(改善までの期限:一ヶ月以内/三ヶ月以内/半年以内/一年以内/それ以上)
・保証できない(保証できない理由、保証できない具体的な動作仕様について述べてください)


3. MMDで利用されているポーズファイル(*.vpd)/モーションファイル(*.vmd)への対応はされますか?

・対応する(期限:一ヶ月以内/三ヶ月以内/半年以内/一年以内/それ以上)
・対応しない(対応しない理由を述べてください)


4. MMDで利用されているエフェクトシステム(MME/*.fx)またはその互換システムへの対応はされますか?

・対応する(期限:一ヶ月以内/三ヶ月以内/半年以内/一年以内/それ以上)
・対応しない(対応しない理由を述べてください)


5. PMX2.1(SoftBody他)への対応はされますか?

・対応する(期限:一ヶ月以内/三ヶ月以内/半年以内/一年以内/それ以上)
・対応しない(対応しない理由を述べてください)


6. DL時のパスワード入力機能及びDLパスワード設定機能を追加実装されますか?

・実装する(期限:一ヶ月以内/三ヶ月以内/半年以内/一年以内/それ以上)
・実装しない(実装しない理由を述べてください)


7. DL時及びモデル表示時においてユーザーが作成した個別の規約を表示する機能を追加実装されますか?

・実装する(期限:一ヶ月以内/三ヶ月以内/半年以内/一年以内/それ以上)
・実装しない(実装しない理由を述べてください)


8. DLまたはモデル表示対象をログインユーザーのみ、国内ユーザーのみなどに限定するような、個別のアクセス遮断機能を追加実装されますか?

・実装する(期限:一ヶ月以内/三ヶ月以内/半年以内/一年以内/それ以上)
・実装しない(実装しない理由を述べてください)


9. 低スペック環境への配慮(モデル情報量によるフィルタリング、軽減表示など)は行いますか?

・行う(期限:一ヶ月以内/三ヶ月以内/半年以内/一年以内/それ以上)
・行わない(行わない理由を述べてください)


10. テクスチャファイルなどモデル情報以外の付随ファイルの暗号化について対応されますか?

・対応する(期限:一ヶ月以内/三ヶ月以内/半年以内/一年以内/それ以上)
・対応しない(対応しない理由を述べてください)


11. モデル表示時においてキャッシュなどに暗号化が施されていますが、どの程度安全でしょうか?安全性について詳細を説明してください


12. クリエイター推奨プログラム等奨励金とニコニ立体サービスとの関係性について詳細を説明してください


13. サービス及び運営に対して漠然と不安に思う方へのコメントをどうぞ


========================================

以上


-----
6/13追記
回答のリンク貼っときますね。
http://blog.nicovideo.jp/3d/2014/06/pmx.html

posted by - at 21:45| PMX | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

立体

とりあえずアンケートやってます。アンケート終了しました。ご協力ありがとうございました。
ニコニ立体でのPMX利用についてのアンケート

サービス公開前に一度問い合わせがありましたが、詳細もよくわかりませんでしたので(判断を求められても判断のしようがない)

「実際にサービス始まってからユーザーさんの反応次第で」

みたいな感じで保留しておきました。別にPMX必須というわけでもないでしょうからね。


個人的には 3DCGARTS あたりで既に行われているサービスと類似のもの(モデルを見回す程度)であるなら、わざわざ特殊な稼動用データが含まれた PMDや PMXを直接的に利用する意味は薄いと考えます。

※MMDを想定した環境に最適化されたデータを Web上において整合させるのも色々面倒であり、また制約事項も多くなってしまいます。異なる用途/環境に対してはそれらに最適な形式で、というのは前々から述べていることの繰り返しです。

そういったことから積極的に協力する理由は特にありません。

といっても無理に制限をしなければならないような話でもありませんので、後はユーザーの判断次第という方針になりました。

まあ MMD周辺を UGC的な捕らえ方をされる人も多い気がしますので、「ユーザーに大きく関わることはユーザーが決める」みたいな感じで丁度よいのではないかと思います。

甚だテキトーな対応ですが、商用、非商用に関わらず自分が興味のないことに関しては基本的にこんなもんです(そもそも PMXを企業が利用することなど最初から考えていませんし、商用に耐えうるようなものではありません)

※アンケートについてはこちらのブログ上で行うこともできないわけではありませんが、
・ニコニコでのサービスに関してはニコニコ内で
・個人証明が簡易(こっちでは騙りし放題)
といったあたりを考慮してブロマガをお借りしております(製作者アカは既にプレアカではないので自分のとこではできません)


一応 3Dモデルをサイト上で表示するようなことは WebGLを使って私的に遊んでいたりもしますが、現状では「個人サイトでの取り扱いもそれなりに簡単になれば、将来的にそういう機能セットを用意していくのもいいかな?」みたいに考えている程度です。

当然ながらその際は直接 PMXとしてデータを扱うのではなく、Web上での取り扱いにより適した別の形式へ変換し編集することになるでしょう。

ただ、WebGLなど(素の)クライアント単体での利用ではキャッシュやソースから関連データを拾うこともさして難しいことではありませんので、画像データのように単に「サイト上に表示したいだけ」といった場合でも、公開データの利用では再配布事項に引っ掛かってしまう懸念もあります。

※ニコニ立体ではそれらの問題に対して暗号化により対応されているとお話を聞いております。

モデルに限らずあらゆるデータを製作、配布されているユーザーさん方の心情と、そのあたりの実情を摺り合わせていくのはなかなかに容易なことではありませんが、配慮のない一方的なやり方がうまくいかないのは過去の事例を見れば明らかでしょう。

特に MMD周辺のような「不特定多数のユーザーの間接的な協力があって初めて一つの形になるような場」では尚更です。


さて冒頭に戻って今回の主題となっているサービスについて、ここまでの内容では(自分が意図せずとも)「否定的なバイアスをかけている」という穿った見方をされる方もいるかもしれませんので、一つ違った視点での内容を書いておこうかと思います。

現在 PMXモデルなど MMD関係の多くのデータは BowlRoll に集中している状況です。ご存知の通り BowlRoll は個人サイトであり、その運用にかかる資金などでも大変な負担をされています。

全てのデータを移管する必要はありませんが、企業が責任を持ってデータ管理をしてくれるというなら、それをうまく活用して適切に負荷軽減/分散していくのも一つの選択でしょう(ただし規約等にはご注意ください)

そういった考え方もあるといったことなどを考慮して、多角的に判断して頂ければと思います。

以上

posted by - at 21:59| PMX | 更新情報をチェックする