2018年04月20日

Labo

買っちゃいました。→ Nintendo Labo バラエティキット

とりあえず練習用のリモコンカー作ってニヤニヤしたのち、すぐさま仕組みの気になっていたピアノの作成へ。ちなみにバラエティキットの中ではピアノが一番作るの大変だったみたいですね (確かに細かいパーツが多かった...)

完成までは飯休憩挟んで 3時間程度。時間的には大体目安通りです (150〜210分らしい)

作成手順は Switchの画面で非常に詳しく説明してくれるので、特に詰まるようなところはなかったです。

ボタンか画面押さないと進まない形式なので、動画や TVみたいに勝手に進んで置いて行かれることもありませんし、ガンプラの説明書とか細かい操作説明が苦手な方でも全然大丈夫です。

※説明画面を 3D画面的に見回せたり拡縮できたりするので(スゴイ) 「ここが見えない!」 みたいなこともないです。といっても標準の説明自体が既にしっかりしているので、そんな操作をするまでもありませんでしたが。

なによりダンボールなので、多少間違ったり壊したりしてもなんとかなります。気楽なもんです。


ということでピアノが無事完成。仕組みとしては、鍵盤に貼られたシール(白?赤外?反射)の位置を Joyコンのカメラで判定しているものでした。

まあ外観や Switchの性能から予想は十分にできますが、やはりこういうものは実際に実機を触ってみないことにはね。
※Laboは自分で作れる=分解しても問題ない、というホントいい玩具です。

ちなみに撮影系を挟んでいても古い機材でよくあったような遅延もなく、違和感なくリアルタイム的に演奏できるのは流石といったところです (全鍵盤を同時に押しても問題なし)

その後ピアノで少し遊んでいたところで Switchのバッテリー切れ。時間的に丁度いいので、今日のところはお開きとしました。


ってことで 作って楽しい遊んで楽しい、と二度おいしい Nintendo Labo、Switchをお持ちの方は是非!

...みたいなステマというかダイマをしたいわけではありませんが、発売日に珍しく衝動買いしてしまったので、まあお約束として(笑)


以下、作成時の個人的な注意点など

■必要なもの
・定規 (必須)
・へら (みたいなもの/自分は はさみの片側の刃部分で代用)
・軍手or作業手袋 (任意)
・テープ類 (補修用)

■注意点
・説明をよく読みましょう
・パーツを切り離すときはかならず表側から (裏からやると表側が破れて、はみ出ることがあります)
・パーツの細かい部分の切り離しは、へらのようなものを当てながら慎重に
・長い直線や細い部分の折り目は定規を当てながら
・かなり気を使った設計になっていましたが、やはりダンボールなので何かの拍子に手などが切れることがあるかもしれません。軍手や手袋などは任意でどうぞ (ただし画面タッチが反応しなくなる、細かい部分の作業が面倒、軍手だと毛羽立つなど、マイナス面も色々と)
・疲れたら休憩

子供は間違いなく触りたがるシロモノです。世のお父さんは頑張ってー

なおピアノの作成で一番大変だったのが "シール貼り"。一度貼ったら容易に剥がせない (ダンボールの表面ごと剥がれる) のでここだけは慎重に (特にやたらと長い奴が一部あるので...)

以上


posted by - at 23:46| その他 | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

MMD十周年

ということで十周年ですね。おめでとうございます。

それにしても何故こんなに深く関わるハメになったのか...正直自分にもよくわかりません。

十年前のあの日はただ 「すげぇー!」 とか 「やべぇー!!」 とか言ってるだけの、どこにでもいる傍観者だったはずなんですが... (まさか十年後に自分が祝福の言葉を述べる立場になっているとは)

まあ 「だいたいミクのせい」 とでも言っておけばいいでしょうか。初音ミクとの出会いは当然ながら MMDよりも前でしたが、彼女に関わってしまったのが運の尽き...だったのかもしれません。


とまあ冗談?はさておき、初音ミク一人から始まった MMDも随分と賑やかになりました。

ひとえに "多くのユーザーによる協力の賜物" ということに否定の余地はないと思いますが、これも結局のところは "協力しあえる人がたくさん集まれば素晴らしいことができる" という当たり前のことに準じてきた結果と言えるでしょう。

「見るべきもの活用すべきものは データやモノではなく人である」

MMD十年の教訓としてはそんな所かと思います (注意:どこかに敵を作るような話ではありません)


「十周年であれだけ盛り上がってるとか(まさかのツイのトレンド入り)、MMDの発展はさぞ順風満帆なことだっただろう」 ...もしかすると外側から見た MMDはそんな風に見えるのかもしれませんが、さて実際はどうだったんでしょうかね?

今から見ればまだまだ小さな絵でしたが、そんな一枚絵を描くまででも いくつもの曲がり角があり、そしてその都度それぞれの場所でそれぞれの人たちが、それらの道を繋いできてくれました。彼ら彼女らの活躍は外側から多くは見えなかったかもしれませんが、それらがなければ今日のこの日は来なかったかもしれません。
※とある動画作品での 「カドが変」 というような指摘には、これで十分な回答になったでしょうか。

残念ながら どんな物事でも歴史は一部の人間の英雄譚としてしか語り継がれませんが、発展期に携わった当事者の一人としては、そういう実像は忘れないようにしたいものです (Mは Mで十分英雄的な役割やってましたけどね)


最後にまとめとして何か書こうかと思いましたが、このような場面で伝えるべきことは MMD初作に全部入っているので、それを再掲しておくことにします。



初心忘るべからず、ではありませんが、十年の節目として一度振り返ってみるのもよいかもしれませんね。


以上、十周年おめでとう&年始最初のエントリでした。

posted by - at 09:23| MMD | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

雑記(2017)

気付けばもう年の瀬ですね。適当に昨今のまとめでも。

■Switch
やっと買えました。(運よく)店頭&定価で購入。
FE無双もゼルダBoWもとてもよかったです。ゼルダはまだ全然終わりませんが...

FE無双はシステムとしても、単調な "無双" から、よりゲームらしい "無双+" へ進化した意欲作でしたが、その辺全然広報できてなくて もったいないですね (傍から見るとただのキャラゲ。特に公式サイト)

■く
「意見交換会」とやらは一応見ましたが、「となりのメシ屋で もううまいもん出してるのに 『同じ(ぐらいの)もの出すのに半年待ってくれ』 と言われて待てる客がどれぐらいいるのかな?」 というのが個人的な印象。
※一時的に大出血は止まるかもしれませんが(ry

ちなみに自分が現在のニコで最もダメだと思っている象徴がコレ↓

0100.jpg

0099.jpg
※プレ垢/開始30分程の状況 (実際に入場できたのは冒頭の映画部分が終わったあたり)

メシがうまいかどうかの前に "メシがそもそも出てこない" メシ屋にわざわざ足を運ぶ客はいません。

「君は知るだろう。一度離れた客はもう二度とは戻ってこないということを...」

まあそんなことにはならないように現運営には頑張って頂きたいものですね。本当に。

■新?Win10
怒涛のごとく MMDが更新されていると思ったら、また MSが余計なことをやらかしたようで...

うちのツール類でも問題が出ている?ようですが、なにぶん更新をしても 1703までしか上がらなく、わざわざ問題版の 1709を入れる義理もありませんので、当面放置ということにしておきます。

OS側の修正で対応されればそれでよし、修正されずうちでも適用となればそれから考えます (色々やらかしすぎなので、普段 WindowsUpdateはサービス自体から完全に停止させてたりしますが)

どうしても問題回避したい方はとりあえず 1703に戻してご利用くださいませ。

※明らかに互換性の問題なので本来は MSが修正すべき案件なんですが、なんでアノ人は対応できるんだろうね... (というか原因解ってるなら MSに報告して直してもらって(ry

■エディタ
旧時代からの積年の宿題は今年冒頭の更新でほぼすべて片づきました。

MMDも来年で十年となり、以降はうちも含めて関わってきたモノ全てが十周年を迎えていくわけですが、足元のニコもあの状況ですし 「そうそう喜んでばかりもいられない」 というのが実際のところかと思います。

自分的には 「旧時代品はそろそろキリのいいところで片づけてもいいかなぁ」 とか思わなくもありませんが (開発環境どころか既に本体(実行ファイル)の起動すらできません)、どうするかは特に決めていません。まあ以前から言っていますが、ある日突然なくなっても泣かないように。

ちなみにご存じです?もう旧時代よりも後の時代の方が長いんですよ?


といったあたり年末の〆としてのエントリでした。

今年は DQ11や Switch関連など従来型のゲームが非常に楽しい一年でした。その影響で結構長い間やってたソシャゲなどは皆終了になりましたが、終わるときは何事もそんなもんです (キッパリバッサリ)

来年の事を語ると笑われるらしいですが、今年同様 (自分的に) あまり面倒ごとのない一年だとありがたいですね。

以上

posted by - at 02:19| その他 | 更新情報をチェックする