2015年08月24日

15夏Eマップ

今回はブログへの記載はスルーしようかとも考えましたが(前エントリ参照)、一応それなり?の結果でクリアできたので簡単に書いておきたいと思います。

0082.jpg

0083.jpg

全甲クリア及び全艦ゲット(画像は江風以外)、フルコンプリート達成です。


それにしても今回のイベントマップにおいては、

・札多すぎ
・ドロップ艦多すぎ
・ドロップ率絞りすぎ
・丙リセマラ推奨とか正気を疑う
・E7弱体効果が解り難すぎ
・弱体効果の有無をゲーム内から発見できない(外部告知のみ)
・弱体効果リセットがどこからも確認できない(外部告知のみ)
・毎日深夜0時に弱体効果を強制リセット(史実をモチーフにするならXY最終撃破から??時間とかでよいのでは?)
・連合マップのゲージ長すぎ(甲ならともかく丙でも時間と資材かかりすぎ)
・おにぎり多すぎ

などなど、およそバランス調整や演出といったものを十分に考慮したとは思えない酷さでした(特に新艦の掘り関係はどうしようもない...)

まあこのあたりはそこかしらで既に語られていることなので、ここでは適当にしておきますが。


■攻略記録

0084.jpg

0085.jpg
到達数=ボスマス戦闘回数

●編成など

E1 | 菊月(66)/伊勢型(98)/球磨or長良(86)/駆逐(66)/駆逐(66)/駆逐(66)

E2 |
1: 龍驤(82)/伊勢(98)/日向(98)/衣笠(82)/高雄(83)/愛宕(83)
2: 球磨or長良(86)/駆逐(66)/駆逐(66)/木曽(97)/北上(69)/大井(69)

E3 [丙掘り] |
1: 龍驤(82→96)/伊勢(98→99)/日向(98→99)/摩耶(86→93)/加賀(86→94)
2: 阿武隈(87→96)/雪風(96→98)/秋月(93→96)/高雄(83→91)/愛宕(83→91)/木曽(97→98)

E3 [攻略] |
1: 加賀(94)/武蔵(132)/大和(132)/赤城(98)/千歳(98)/千代田(98)
2: 阿武隈(96)/秋月(93)/ビスマルク(98)/鳥海(86)/雪風(98)北上(98)

E4 [丙掘り] | 龍驤(86)/吹雪(90)/初霜(88)/霧島or金剛(97)/比叡or榛名(97)/鳥海(86)

E4 [攻略] |
削り: 龍驤(86)/吹雪(93)/初霜(91)/金剛(98)/榛名(98)/加賀(99) ※北ルート
撃破: 金剛(98)/榛名(98)/比叡(98)/霧島(98)/龍驤(86)/祥鳳(86) ※夜戦ルート

E5 | 龍鳳(84)/扶桑型(98)/最上or三隈(90)/Z1(74)/Z3(74)/大井(98)

E6 [丙掘り] |
1: 瑞穂(育成枠)/扶桑型(98)/龍驤(87)/隼鷹(88)/飛鷹(86)/摩耶(93)
2: 阿武隈(96)/島風(96)/秋月(96)/綾波(94)/Prinz(86)/鳥海(90)

E6 [攻略] |
1: 摩耶(93)/長門(84)/陸奥(84)/大鳳(136)/加賀(95)/赤城(98)
2: 阿武隈(96)/ビスマルク(98)/秋月(96)/鳥海(90)/Prinz(86)/雪風(98)

E7 [XY] |
1: あきつ丸(91)/長門(84)/陸奥(84)/大鳳(136)/隼鷹(88)/飛鷹(86)
2: 阿武隈(96)/島風(96)/潮(87)/ビスマルク(98)/Prinz(86)/鳥海(90) ※三式弾

E7 [攻略] |
1:
摩耶(94) : 90高角(★10)/司令部/25集中機銃/FuMO
武蔵(132) : 試41主/41主/水観/一式徹甲弾(★2)
大和(132) : 同上
隼鷹(88) : 流星(601)/烈風(601)/烈風改/二式艦偵
飛鷹(87) : 流星改/烈風(601)/烈風/烈風
龍驤(88) : 烈風/流星(601)/烈風/彩雲

2:
阿武隈(96) : 4連酸素魚雷(★6)/4連酸素魚雷(★6)/甲標的
鳥海(90) : SKC主/SKC主/夜偵/照明弾
雪風(98) : 5連魚雷/5連魚雷/照明弾
綾波(95) : 5連魚雷/5連魚雷/見張員
Prinz(86) : 53cm魚雷/5連魚雷/5連魚雷/見張員
ビスマルク(98) : 38改主(★2)/38改主(★2)/夜偵/大型探照灯

※削り時は大和型→長門型、綾波→秋月(96) : 10主+高射/10主+高射/13改電探

XY撃破は各5回(Xは+1〜2回)
道中支援(全キラ) : 正規空母x2(彗星一二甲x2+32電探x2)/利根型x2
ボス支援(旗艦のみキラ) : 正規空母x2(彗星一二甲x2+32電探x2)/戦艦x2(主x2+32電探x2)

・ゲージ破壊時の行動パターン
1. 昼戦時に棲姫一隻撃沈、残りボスと棲姫一隻のみ(第二部隊は全員健在)
2. 夜戦最初に阿武隈カットイン→残りの棲姫をワンパン(300オーバーダメージ)
3. 敵ボス攻撃により綾波大破
4. 鳥海連撃→雪風カットインで順調に減らし(残120程度)
5. Prinzカットインで150オーバーダメージによりボス撃破→S勝利

たいへん理想的な勝ちパターンでした。

※今回も最終マップは恒例の全艦撃破(S)勝利(ボス艦はラストショット)。経験上うちの艦隊がスナイプで勝つことはできませんので(苦笑)


■感想

全マップ通して、出撃艦は疲労回復のみでキラ付けはなし(間宮伊良子使用ゼロ)、今回導入された補強増設も未使用でダメコン/女神も不要という、ゆるゆるプレイでやってました。

まあいつもとは異なり今回はかなり情報が出揃ってからの攻略でしたので、余裕があるのも当然と言えば当然ですけどね。

今回は特に先行して進んだ方々に(冷酷無慈悲に)厳しい調整だったようなので、屍?になりながらも有益な情報を提供し続けて頂いていることに感謝しつつ(皮肉ではなく)、〆にしたいと思います。

以上、15夏Eマップの攻略記録でした。

posted by - at 22:05| その他 | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

15夏E0

はい、いつもの季節です...が、流石に今回は札の多さにゲンナリなので、攻略はしばらく保留しておこうかと思います。

札システムの評価については導入時に一度書きましたが、ただでさえユーザー側の選択肢の少ないゲームだというに、その試行錯誤(トライアンドエラー)すらも極端に狭めることになる難易度調整は下策としか言いようがありません。

※「札が嫌なら低難易度でやれば?」→そもそも低難易度なら多くの試行錯誤は必要とされないので全くもって本末転倒

ある程度ならスパイスとして機能するかもしれませんが、スパイスをかけすぎればどうなるかは言うまでもないでしょう。


今回は攻略後も結果をブログに記載するかどうかは解りませんので(テンプレ構成+αで進めるだけになるでしょうから)、E0という形で一つエントリを作っておくことにしました。

...それにしても同時出撃を演出したいなら 「深部制圧のために(複数個所の)拠点防衛を行い続ける必要がある(制圧艦隊と防衛艦隊の振り分けを考えさせる)」 とか、もっと単純でよくある手法でも十分だと思いますけどね(実装も簡単ですし)



----
8/15追記

E3丙掘り 100回終了(燃料/弾薬 5万ほど消費)、瑞穂未だドロップせず(まるゆすら0とか)

世にはもっとハマっている方も多いようですが、今回のデザインは(夏イベとはいえ)制約、難度その他各種システムの絡みなど諸々含めて、いくらなんでもやりすぎ(コレハヒドイ)

こんなテキトー調整具合では有象無象の(無価値)ソシャゲと大差ないですわ

posted by - at 13:36| その他 | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

0231

■更新内容

・x86(32bit)及びx64(64bit)環境への個別対応(アプリケーション構造の改定)
・32bit版/64bit版 同一パッケージ化
・プラグイン/データフォルダの外部参照仕様
・VMDView配置変更(PMXエディタ内からの呼び出しのみ)
・デバイス管理の共有化(メモリ使用量の低減)
・マウス/キーイベント処理の対応(PmxViewのみ/Cプラグイン)
・UIモデル描画及び関連イベント機能の新設/プラグイン機能実装(Cプラグイン)
・メモリ管理(Bitmap)テクスチャ制御仕様(UIモデル/関連プラグインのみ)
・View/System関連処理(Cプラグイン)
・選択機能無効化(PmxViewのみ)
・画像ボード追加/簡易ものさしプラグイン(UIモデル仕様)

以上


お久しぶりの更新です。久しぶりすぎて前回がいつだったのか全く思い出せませんが...まあいいでしょう。

基本的な編集関係の機能については別段変化ありませんが、全体的にファイル構造などが変わっているので、バージョンアップ時にそのまま上書きなどしないようご注意ください。


●32bit版と64bit版

PMXエディタを作り始めた頃の VisualStudioExpress(VS) では混在作成などは非常に面倒でしたが、昨今の VSならそれほど大変でもないので、両対応になりました。

同一パッケージ化も発想を変えたら案外簡単にできてしまったので、そのまま採用しています(ファイルサイズを見てはいけない)

32bit版と64bit版の違いについては、

32bit版は起動が速い/メモリの使用量は最大で 2Gまで/物理演算が遅いかも/なんか細かい不具合があるかも

といった程度です。ぶっちゃけ起動時間の問題から、64bit版(従来仕様)を使うことはほとんどなくなったかもしれませんね。

※起動時間のほとんどはForm部品(システム側で用意されているUI)の初期化処理なんですが、64bit版だとほぼ倍の時間がかかります(酷い仕様だ)

※これ以上の起動時間の改善もできないことはありませんが、特にPMDエディタ時代から引き継いだプラグインの仕様により根本的な改善は難しいという感じです(バッサリ切り捨ててもいいなら...)

●メモリ使用量の低減

でかいテクスチャファイルを多用するモデルではそこそこ違いが出るかもしれませんが、通常の運用では大して差はないかと思います。

ちなみに 32bit版は常用でも 1〜2割程度?メモリ使用量が少ないようです。ただし 2Gの壁にはご注意ください。

●VMDView

お亡くなりになりました...まあ正確には PMXエディタ内部からの呼び出しのみになったわけですが。

正直内部更新の度に一々テストとかしてられないので仕方ないですね(物理演算の確認は TransformViewで十分)

●プラグイン機能の拡充

イベントとかシステム関係とか UIモデルとか色々機能は増えてますが、このご時勢、わざわざ使いこなそうと思う方がいるのかな?という疑問は尽きません。

あと基本的に Cプラグイン(PMXエディタ専用のプラグイン)の拡充なので、未だに「PMDエディタでも動くプラグインじゃなきゃダメ」派には全くもって興味のない更新内容かもしれません。

●UIモデル

個人的な趣味と実験を目的とした新しい機構とプラグイン機能セットです。

「何ができるのか?」 と問われれば 「発想次第でなんでもできるよ」 と答えるぐらいのものではありますが、まあこれもそこまで力を入れて使われるのは難しいのではないかと思わなくもありません(基本的に最低限の機能セットしか用意されていませんので)

簡単な利用例については、新たに追加された「画像ボード追加」「簡易ものさし」の両システムプラグインを使ってみるとよいかと思います。

※終わりのない不具合修正に疲れたので一旦公開しておきます。イベント関係は色々不備もありますが、致命的なもの以外は仕様という名の...


といったあたり今回の更新でした。

今回といっても次回がまたどうなるかは全く不明ですけどね(これが最後かもしれませんし数年後かもしれませんし明日かもしれません)

※ブログは かんこれまみれ になって久しいですが、といって他のことを何もやっていないわけではなかったりも(エディタの改修もちまちまと)。まあ かんこれも既に演習ぐらいしかやってませんけどね(一日30分程度)

以上






...そういえば Win10については特に確認してませんが、MSが変なことしてなければ問題になることはないかと思います(インターフェイスなどの見た目部分は諦める)

というか当然ながら Win7以外では起動チェックしてませんので 対象環境:Windows XP以降(32bit/64bit) というのも本当かどうかは不明です。色々やってダメなら諦めましょう。

posted by - at 21:36| PMX | 更新情報をチェックする